DMM英会話の講師の選び方。良い先生を見つける裏技とは?

この記事を読むのに必要な時間は約 17 分です。

DMM英会話で良い講師を選ぶには
どうしたら良いのでしょうか?

オンライン英会話は
通学型のスクールに比べて
生徒の数が圧倒的に多いので

在籍している講師の人数も
とても多いです。

何百人もの講師が
在籍しているスクールは
珍しくありませんし、

大手のスクールでは
数千人という規模の講師陣を
抱えています。

これだけ人数が多いと
講師の質にバラツキがあるのは
ある意味当然で、

それがオンライン英会話の
デメリットの一つとされています。

DMM英会話に関しても
6500人を超える
業界最大規模の講師陣を抱えていて、

フィリピンだけでなく
ヨーロッパや中南米の講師や
ネイティブの講師など

世界中の様々な国の講師が
数多く在籍していますので、

やはり講師の質に
バラツキがあることは否めません。

指導経験が豊富で
教えるのが上手な講師もいれば、

まだ講師歴が浅く
教え方が拙い先生もいますし、

人柄や性格など相性の面で
自分に合う講師もいれば
合わない先生もいたりします。

したがって、
在籍している多数の講師の中から

いかに自分のニーズに合った
良い先生を見つけて
レッスンを受けていけるかが

英会話力を伸ばしていくための
鍵となります。

そこで、このページでは
DMM英会話の講師の選び方について
考察してみようと思います。

教えるのが上手い講師を選ぶには
どうしたら良いか?

自分に合う講師を見つけるには
どんな方法があるか?

詳しく見ていきましょう。

<講師検索のやり方>

DMM英会話には
6500人を超える講師が
在籍していますが、

各講師のプロフィールは
しっかりデータ化されていて

ホームページ上で
検索・閲覧できるように
なっています。

やり方はとても簡単で、

まずはDMM英会話の
ホームページにアクセスし、

左側のメニューバーから
「予約・講師検索」を
クリックします。

すると、
「予約・講師検索」という
ページに移動しますので、

現在(あるいは今週中に)
予約が可能な講師の中から
講師を検索したい時は

「予約できる講師」のタブを
選択し、

在籍している全講師の中から
検索したい時は

「すべての講師」のタブを
選択します。

あとは、画面をご覧になれば
操作方法は感覚的にお分かりに
なるかと思いますが、

自分のニーズに合わせて
「国籍」「性別」「年齢」
などの条件タブや、

「日本語サポート」や
「ビジネス英会話」などの
特徴ボタンを選択し

「絞り込み検索」を
クリックするだけで

選んだ条件に合致した講師が
画面下に表示されるように
なっています。

<条件を絞って良い講師を探す>

では、良い講師を見つけるには
どのような条件で
検索すれば良いのでしょうか?

まず、教え方が上手な講師を
探したいと思った時、

一般的によく使われる検索条件は
「講師歴3年以上」です。

講師歴が3年未満でも
教えるのが上手な講師は
たくさんいるのですが、

レッスン経験が豊富な方が
教えるのが上手い可能性が高い

という確率的な意味で
この条件で検索する人は多いです。

たしかに3年以上も
レッスン経験があれば

いろんな生徒を相手にして
レッスンの進め方にも
慣れているでしょうし、

そもそも教えるのが下手だったら
3年間も講師を続けていられない
でしょうから、

この「講師歴3年以上」は
それなりに有効な検索条件だと
思います。

ただ、意外なことに
「講師歴3年以上」の講師は
結構たくさんいるんですよね。

試しに検索してみたところ
2475人も在籍していました。

6500人中の
2475人ですから、

4割くらいの先生が
講師歴3年以上ということに
なります。

ですので、
受講したい時間帯を限定して
検索したとしても

かなり多くの講師が
その条件に該当しそうなので

より良い講師を見つけるために
もう少し条件を絞り込んで
検索しても良さそうです。

その場合は、
「講師歴3年以上」に加えて

「日本語サポート」とか
「初心者向け」とか
「ビジネス英会話」など

自分のニーズに合うボタンを
追加で選択して検索することで

さらに絞った条件に合致する
講師を選び出すことができます。

尚、上記の画像では
「日本語サポート」という
ボタンが表示されていますが、

もしかすると
あなたがご覧になっている画面では

「日本語サポート」の代わりに
「日本人講師」というボタンが
表示されているかもしれません。

どういうことかと言いますと、

DMM英会話では
無料体験レッスンの受講者に限り
日本人講師のレッスンを受けられる
システムになっているので、

無料会員の登録をした方には
「日本人講師」のボタンが表示され、

有料会員になった方には
その代りに「日本語サポート」と
表示されているというわけです。

無料体験レッスンの受講者は
まだ英会話にあまり自信がなくて、

オンライン英会話の
レッスン自体も初めてで不安
という方が多いですから、

そういう方のために
日本人講師のレッスンが受けられる
ようになっているのです。

また、無料体験レッスンを受けて
有料会員になった後でも不安な方は

日本人講師のレッスンは
もう受けられませんが、

「日本語サポート」で検索すれば
日本語を話せる外国人講師から
レッスンを受けることができます。

<フリーワード検索はとても便利>

ここまで検索条件のボタンについて
説明してきましたが、

自分のニーズに合う
条件ボタンが見当たらない場合は
フリーワード検索がおすすめです。

「絞り込み検索」ボタンの
すぐ上にある空欄に
自分でキーワードを入力すれば

そのキーワードに該当する講師を
検索できます。

たとえば、世界的に
広く知られている英語教授法に
「TESOL」という資格がありますが、

フリーワードの入力欄に
「TESOL」と打ち込んで検索すれば

TESOLの資格を持った講師を
検索できるというわけです。

国際的な英語教育資格には
TESOL以外にも「TEFL」「TESL」
「TKT」「CELTA」など
いくつか種類がありますから

そういったワードで検索すると
教え方が上手な講師に
出会える可能性が高くなります。

また、ビジネスでも使える
しっかりした英会話を学びたい方は

学生のアルバイトではなく
社会人経験のある先生から
習った方が良いでしょうから、

そのために
職業名などを打ち込んで検索する
という方法もあります。

たとえば「プログラマー」など
今の自分の職種を打ち込んで

自分とビジネス環境が近い講師を
探すのも良いですが、

おすすめなのは
「コールセンター」や
「カスタマーサービス」と入力して
検索することです。

そうすれば、
コールセンターに勤務して
英語でお客様対応をした経験を持つ
講師を探すことができるからです。

DMM英会話には
フィリピン人の講師が数多く
在籍していますが、

フィリピンは
英語を公用語とする国で
かつ物価が安いので、

シティバンクやIBM、AT&Tなど
米国の数多くの一流企業が
コールセンターを構えていることで
有名です。

米国企業のコールセンターには
アメリカ人のネイティブから
多数の電話がかかってきますから

そこで働くオペレーターには
ネイティブ並みの
流暢な英会話力が求められます。

ですので、コールセンターでの
勤務経験のある講師は

発音の面でも言い回しの面でも
優れた英語力を持っている可能性が
高いのです。

また、フリートークのレッスンを
受けようと思っている方は

自分の趣味や好きな事を入力して
話の合いそうな講師を
探してみるのも良いです。

講師のプロフィール欄には
「趣味」や「好きな映画」といった
項目があるので、

「Sports」や「Star Wars」などと
入力して検索すれば
同じ趣味趣向を持つ講師を
見つけることができます。

また、プロフィールには
「出身校」も載っていますから

留学準備で受講している人は
これから入学する先の学校名で
検索すれば

その学校出身の講師を見つけて
話が聞けるかもしれません。

尚、フリーワード検索では
プロフィールの情報だけでなく、

「先生からのメッセージ」や
「日本語メッセージ」に
記載されている文章も

検索の対象となっています。

ですので、
地名などの固有名詞や
マニアックな趣味の単語でも

先生からのメッセージの中で
使われている単語であれば
検索に引っかかり、

思わぬ講師を発見して
ついレッスンを受けてみたくなる
こともあります。

また、「先生からのメッセージ」は
英語で書かれていていますが、

「日本語メッセージ」は
日本語で書かれているので、

同じ言葉でも、英語で入力するのと
日本語で入力するのとでは
検索結果が異なります。

たとえば、
「call center」で検索すると
182人が該当するのに対し、

「コールセンター」で検索すると
625人が該当したりします。

ですので、検索してみて
該当する講師が少なかった場合は

英語と日本語両方で検索してみる
ことをおすすめします。

<ユーザーの評価を参考にする>

予約・講師検索のページで
絞り込み検索をすると

その条件に合った
講師が表示されることは
ご説明した通りですが、

表示された講師の顔写真を
クリックすると
各講師のプロフィールを
見ることができます。

プロフィールでは
「国籍」「年齢」「性別」
「経歴」「出身校」「趣味」などの
情報を知ることができますが、

顔写真の下に表示されている
「ユーザーの評価」や
「お気に入り」は

他の受講生からの
評判が良い講師を見つける上で
とても参考になります。

DMM英会話では
生徒がレッスン終了後に

レッスンの満足度を
5段階で評価する仕組みに
なっているのですが、

「ユーザーの評価」には
各生徒が回答した点数を集計した
平均点が表示されています。

したがって、
ユーザーの評価の点数が高いほど

満足度の高いレッスンを
生徒に提供できている良い講師
と判断することができます。

ただし、気をつけたいのは

5.00点の講師の方が
4.95点の講師よりも良いとは
必ずしも言えない

という点です。

ユーザーが付ける点数は
個人の主観的なものなので

甘めに点数を付ける人もいれば
辛めに採点する人もいます。

そういった様々な人達が
評価した点数の平均点が
ユーザーの評価の点数として
表示されるわけですから、

評価を下しているユーザー数が
多ければ多いほど
その点数の信憑性は高くなります。

たった1人の生徒から
5.00点の評価を受けている
先生よりも

1000人の生徒から
4.95点の評価を受けている
先生の方が安心できますよね。

ですので、
ユーザーの評価を見る時は
★で示されている点数だけでなく、

その下に(2500件)などと
表示されている評価の回答件数も
併せて確認するようにしましょう。

また、「お気に入り」の欄に
(1800件)などと
表示されている件数は

何人の生徒がその講師を
「お気に入り登録」しているかを
示しています。

お気に入り登録とは、
講師のプロフィールページの
「お気に入り登録」ボタンや

予約・講師検索のページで
講師の顔写真の左上にある
ハートのマークをクリックして

自分のお気に入りリストに
加えることですが、

お気に入り登録しておくと
講師を検索する際に
「お気に入り」ボタンを選択して
絞り込み検索するだけで

簡単にお気に入りの講師を
見つけることができて便利なので
利用している生徒が多いです。

したがって、
お気に入りの件数が
多ければ多い講師ほど

その講師のレッスンを
受けたがっている生徒が多い
ということになりますから

良い先生である可能性が高い
ということになるわけです。

このように、
「ユーザーの評価」や
「お気に入り」は

各講師の他の受講生からの
評価を知ることができるので
とても参考になります。

<その他に参照すべき項目>

良い講師を見つけるために
他に参照すべき項目として
おすすめなのは

講師のプロフィールページに
掲載されている
自己紹介動画を見ることです。

20秒ほどの短い動画ですが、
実際に講師が喋っている映像を
見ることで、

発音に訛りがないかを確認したり
喋り方の雰囲気や人柄などを
感じ取ったりできるので

自分に合いそうな講師かどうか
チェックすることができます。

プロフィールページの
講師の写真のすぐ下にある
「動画を見る」をクリックすれば
すぐに視聴できますので

気になる講師を見つけたら
自己紹介動画も忘れずに
見ることをおすすめします。

また、プロフィールページには
「レッスン受講履歴」
「先生からのメッセージ」
「日本語メッセージ」
「評価・コメント」
というタブがあって、

各タブをクリックすると
それぞれの内容を確認できます。

「先生からのメッセージ」には
講師の自己紹介文が
英語で掲載されていますが、

「日本語メッセージ」には
講師の自己紹介文を
そのまま日本語に訳した文章か、

DMM英会話の担当者が日本語で
その講師を紹介している文章が
載っています。

いずれのメッセージにも
講師の経歴や職歴、趣味などが
書かれているので、

自分のニーズに合った講師を
探すのに役に立ちます。

「評価・コメント」には、
レッスンを受けた生徒が
満足度の評価をした際に残した
コメントが載っています。

ただ単に
「良い先生でした」とか
「楽しかったです」みたいな
コメントも多いですが、

「表現の間違いなども
チャットボックスを使って、
丁寧に直してくれた」とか

「Rの発音を分かりやすく
教えてくれた」とか

「何度も間違えても
根気強く教えてくれた」など

先生の教え方や人柄に関する
具体的なコメントが
書かれていることもありますし、

「音質が良くなかった」など
ネットの回線状況に関する
コメントもあったりして
参考になる場合もあります。

コメントを一つ一つ読むのに
時間がかかるのが難点ですが、

講師選びに失敗したくない人は
目を通されてみても良いかも
しれません。

以上、DMM英会話での
良い講師の選び方について
考察してみました。

ぜひ参考にしていただき、
自分に合った先生を見つけて
いただければ幸いです。

タイトルとURLをコピーしました