DMM英会話はカメラなしでも受講できる?注意すべき点は?

DMM英会話はカメラなしでも
受講できるのでしょうか?

結論から言ってしまいますと、
カメラは無くても
レッスンは受けられます。

ただし、初心者の方は
レッスンを受けづらく感じるかも
しれません。

どういうことか
詳しくみていきましょう。

<自分の顔を見られたくない?>

オンライン英会話は
カメラを使ってテレビ電話のように
お互いの顔を見ながら
レッスンを受けるのが普通ですが、

相手に顔を見せずに
受講したい時もありますよね?

私のようなオッサンでも
ボサボサの頭が気になって
ドライヤーで撫でつけたり、

ヨレヨレの部屋着を着替えて
レッスンを受けているくらいですから

女性だったら尚さら
自分の姿を講師に見られるのが
気になるのではないでしょうか?

すっぴんの顔を見せたくないから
入浴後はレッスンが受けられない
という話もよく聞きます。

また、自分のパソコンに
カメラが内蔵されておらず、

webカメラも持っていないので
ビデオ通話をしたくてもできない
という方もいらっしゃるかも
しれません。

でも、ご安心ください。

DMM英会話はカメラなしでも
受講できます。

公式ページの
「初心者お悩み解決Q&A」には
必要なものとして

・インターネット環境
・パソコン/スマホ/タブレット
・スカイプ

の3点が挙げられているだけで
カメラについては
何も触れられていませんし、

実際に私自身でも
カメラを使わずにレッスンを
受けてみたことがあります。

そして、
やり方はとても簡単です。

レッスン開始時に
講師からスカイプのコールが
かかってきたら、

「ビデオ通話」ではなく、
「音声通話」の方のアイコンを
クリックするだけです。

また、レッスンの途中でも
ビデオ通話のアイコンを
クリックすれば

カメラのON/OFFを
切り替えることができます。

このように、
スカイプでビデオ通話を使わず、
音声通話で応答すれば、

もしあなたのパソコンに
カメラが内蔵されていても

講師の側のパソコンに
あなたの姿が映し出されることは
ありません。

そして、その一方で、

あなたの側のパソコンには
ビデオ通話でコールをしてきた
講師の姿が映りますから、

あなたの方は講師の顔を見ながら
受講できるというわけです。

<一言断っておく>

では、自分の側のカメラを使わずに
レッスンを受けてしまって

何か面倒なことや
不都合な問題が生じたりすることは
ないのでしょうか?

まず最初に考えられるのは、
ビデオ通話を使わずに
音声通話で受講しようとすると、

講師から
「カメラが映ってないよ」などと
声をかけられることです。

オンライン英会話では
講師と生徒がお互いの顔を見ながら
レッスンを行うの普通ですから、

もし生徒の側のカメラが
オフになっていたら、

ほとんどの講師は
「きっと操作のミスだろう」と思って
そのことを指摘してきます。

また、ブログや2chの口コミを
読んでみると

「カメラをオフにして受講すると
機嫌が悪くなる講師がいる」
といった書き込みがあったりして、

自分(講師)の側が
一方的にカメラで見られることに
不快感を示す講師もいるようです。

まぁ、不快に思う気持ちも
分からなくはないですが、

仕事なんだから
そのくらいはガマンしてくれよ
と言いたいところですが…。

ま、いずれにしても
カメラを使いたくないのであれば、

その旨をレッスンの冒頭で
講師に伝えておいた方が無難だと
思います。

単刀直入に

“Sorry, I’m not using my camera today.”
(すみませんが、今日はカメラを使いません)

と言っても良いですし、

もう少し丁寧に

“I’d like to keep my camera off please.”
(カメラをオフにさせてください)

と伝えても良いかもしれません。

また、テキトーに理由を付けて

“My camera is not working.”
(カメラの調子が悪いです)

“Can we still have the lesson?”
(それでもレッスンはできますか?)

と言うのもアリだと思います。

とにかく、ビデオ通話をオフにして
レッスンを受ける時は

レッスンの初めに
一言でも講師に断りを入れておくと
スムーズに受講できると思います。

<ジェスチャーが使えない>

カメラを使わないことで起こる
その他の問題点としては、

身振りや手振りなど
ジェスチャーが使えない
という点です。

これは特に初心者の方には
結構大きな問題だったりします。

初心者の内は
講師から何かを質問されて
それに答えようとしたり、

言いたいことを思いついて
喋ろうとした時、

なかなか口から
英語が出てこなくて、
歯がゆい思いをすることが
多々あります。

こういう時は
身振り手振りを使いながら

なんとか自分の言いたいことを
伝えようとしますが、

カメラがないと
それが全く使えないのです。

ジェスチャーどころか
愛想笑いを浮かべていることすら
伝わりませんから

ずっと無言で考え込んでいると
やがて先生が心配して、

「Are you OK?」などと
声をかけてきたりします。

これがビデオ通話を使って
お互いの表情が見えていれば、

講師も生徒が必死に英語で
何かを伝えようとしている様子が
分かりますし、

身振り手振りを使って
伝えようとしている内に

先生が察して
会話の糸口が掴めたりすることも
あったりします。

ですので、特に初心者の内は
極力ビデオ通話はオフにせず、

お互いの表情を見ながら
レッスンを受けるようにした方が
良いと思います。

以上、DMM英会話は
カメラなしでも受講できるか?
について書いてみました。

カメラをオフにすることで
自分のボサボサの頭や
スッピンの顔を

講師に見られずに
レッスンが受けられるものの、

講師にイチイチ
ビデオ通話を使わない理由を
説明しなけばならなかったり、

ジェスチャーが使えず
特に初心者にはレッスンが
受けづらかったりと、

デメリットもあることが
お分かりいただけたのでは
ないでしょうか?

ご参考にしていただければ幸いです。